水回りのリフォームは「サイズ」が重要【採寸作業を忘れずに】

サイズから使いやすいキッチンを考える

キッチンを利用する上で、「広さ」はとても大事な要素と言えます。キッチンのリフォームを検討している方は、採寸をしっかり行ない、効率よく動ける広さのキッチンとなるよう意識しましょう。

キッチンリフォームでは4つの採寸が重要

  • キッチン自体の採寸
  • ウォールキャビネットの採寸
  • ワークトライアングル
  • キッチンの通路幅

キッチンリフォームでは、上記の4つの部分の採寸を忘れずにやっておきましょう。そこで、最も重要とも言えるキッチンの採寸や理想のサイズについて詳しく紹介したいと思います。

キッチン自体の採寸について

高さ
キッチンの使い勝手はキッチンの高さで決まると言っても過言ではありません。自分より低いとかがんで料理をするため腰痛の原因になりますし、高すぎても肩こりを発生させてしまいます。リフォーム関連のカタログには数字が明記されているだけですが、ショールームに行けば自分の体で直接高さを確認することができます。平均的な高さは80~90cmと覚えておきましょう。
奥行き
キッチンの形状にはI型やL型、フラット対面など様々なタイプがありますが、基本的にどのタイプも奥行きは60~65cmあれば十分快適に動けます。逆にこれ以上奥行きを長く設けてしまうと、壁面に掛けてあるものが取りづらくなったり、戸棚から物を取るのが大変になったりしてしまう恐れがあります。
「キッチンの幅は広ければ広いほど良い」と思いがちですが、そうでもありません。むしろ幅が広いと動きが多くなり、逆に疲れてしまいます。一般的に動きやすいとされているキッチンの幅は真ん中の作業スペースが60~90cmとなっています。コンロは60cm、準備スペースは30~70cmが理想の幅です。

ウォールキャビネットについて

吊り戸棚は、スペースが限られている空間に設置できる、とても便利な存在です。ただ、設置場所によってはかえって邪魔になる可能性も出てきます。ウォールキャビネットの理想の高さや奥行きなどは、自分の身長に合わせて調整します。例えば、身長が165cmの方であれば、吊り戸棚の下端が床から145cmのところにあるのが理想的です。基本的に自分の目線よりも10~15cmくらい低いところに戸棚の下端が見えるような感じになればOKです。高さだけでなく、奥行きも重要です。キッチンの奥行きの数字から30~35cm引いた数字が戸棚の理想的な奥行きの長さとなります。

ワークトライアングルを覚えよう

ワークトライアングルとは、水回りと火回りと冷蔵庫の3点を結んだ三角形のことです。この三角形が正三角形に近ければ近いほど作業がしやすくなるとされています。3点を線で結んだとき、3辺の合計が3.6~6mの範囲内であればより作業効率が上がります。逆に6mを超えるようであれば、動きく範囲が必然的に広がり、作業効率が大きく落ちてしまいます。作業効率の概要を覚えておけば、キッチンのリフォームをする際大いに役立てられるでしょう。

キッチンの通路幅の採寸について

キッチン

今現在キッチン部分が動きにくい状態であるという方は、キッチンの通路幅の採寸を測っておきましょう。どんなにキッチンの高さや奥行きなどを理想のサイズに調整しても、十分な幅を持つ通路を設けないと、どこかで不自由さを感じるはめになってしまいます。そのようなことにならないよう、引き出しを引いたときのことや冷蔵庫を開けるときのスペースなど、これらの部分における採寸を忘れずに取っておきましょう。キッチンに立つ方が基本1人であれば、最低でも75cmの幅は設けるようにしましょう。

まとめ

キッチンのリフォームを考えている方は、これらのポイントをしっかり理解しておきましょう。現状に合わせた改善点の洗い出しや採寸作業などを行なうことで、自分や家族にとっての理想のキッチンを作ることができるのです。

使う人の負担を軽くするキッチンリフォームの採寸の目安

採寸した数値からリフォームを考える~システムキッチンとの適合性~

システムキッチンのサイズの目安を紹介します(30代/キッチンメーカー)

我々キッチンメーカーは、お客様のニーズや予算に柔軟に対応できるよう、様々なタイプのシステムキッチンを用意しています。同じタイプでも高さや奥行きなどが異なるものをいくつも設けているので、理想のタイプ・形状のシステムキッチンが探せるようになっています。事前にお客様がキッチン部分の採寸を取っているのであれば、やり取りの中で理想のキッチンがイメージしやすくなりますよ。

身長からリフォームを考える~使いやすいキッチンのサイズを知る~

キッチンリフォームを行なう上で、頻繁に出てくるのが「使う人の身長」というワードです。身長の高さを使ってどのようにして理想のキッチンの高さを割り出すのか紹介します。

身長から理想的なキッチンの高さを算出

身長から理想的なキッチンの高さって分かるのですか?
理想的なキッチンの高さを割り出す計算式は、「身長÷2+5cm」です。身長160cmの方の場合、「160÷2+5」という式となり、理想のキッチンの高さは85cmとなります。もちろんこれは目安となる高さに過ぎないので、あくまで理想の高さの目安を出す式、と捉えておきましょう。

JISが定める身長別のワークトップの高さとは?

キッチンの高さに関してJIS規格があるんですか?
はい、規格を設けています。JISでは、流し台・調理台の高さの寸法を80cmと85cmの2種類としています。現在のところ85cmが主流となっていますが、これは日本人の平均身長が伸びてきたから、という背景があります。

身長別キッチンリフォームの2つのポイント

ライフスタイルを考慮する
キッチンリフォームをする際は、普段のライフスタイルを念頭に置きながら仕上がりイメージを作っていきましょう。誰が頻繁にキッチンに立つのか、こどもに手伝いをよくさせているのかなど、このようなことを含めあらゆる場面を想定しながら考えていくことが重要です。
キッチンの機能を考える
キッチンのリフォームにおいて、横幅や奥行きなどのサイズやキッチン全体の形状などを考えることはとても重要ですが、IHクッキングヒーターや食洗機などの機能を取り付ける場合、高さや使いやすさなどが若干変わってきます。例えばIHクッキングヒーターの場合、鍋の口の高さは「キッチンの高さプラス鍋の高さ」となりますが、ガスコンロの場合、それに五徳の高さもプラスして考える必要があります。機能や設備の有無やその内容も、キッチンリフォームの1つの重要ポイントと言えるのです。

家事導線を考慮したキッチンリフォーム

キッチンリフォームをする際、ダイニングのみ、もしくはLDKのみを考えた間取り作りをする方がいますが、これだとあまり良くない家事動線が生まれてしまいます。基本的に、キッチンにおける家事動線は観察範囲が保ちやすく、かつ水回り行動がしやすいように作りましょう。こどものいる家庭は、こどもの動きを見守れる位置に設置・リフォームするようにしましょう。

TOPボタン